TOP > 炭素繊維とは > 高弾性率

高弾性率

超高弾性グレードまでの幅広い製品ラインナップ

弊社ピッチ系炭素繊維“GRANOC”は、引張弾性率54 GPaの超低弾性グレード(XN-05)から900 GPaの超高弾性グレード(XN-90)まで、トウサイズ1Kから12Kまで、用途に応じて幅広いご提供が可能でございます。

図1 引っ張り強度(GPa)
図1 引っ張り強度(GPa)

軽量かつ高剛性な素材

ピッチ系炭素繊維の大きな特徴の一つに、弾性率の高さが挙げられます。 弾性率とは、物質変形のしにくさを表した数値です。これを比重(単位体積あたりの重量)で割ったものを比弾性率と言います。“GRANOC”は、鉄・アルミニウムの約7倍、セラミックスの約2倍の比弾性率を有しております。

図2 比弾性率(106m) 比較表
図2 比弾性率 比較表
GRANOCの用途例はこちら