TOP > 炭素繊維用途例 > 産業

産業

GRANOCの高弾性率炭素繊維は、幅広いラインナップを持ち、様々な産業機械分野で使われています。GRANOCの高弾性率炭素繊維は、 高い強度を持っており、織物、フィラメントワインディング、プルトルージョンなど様々な成形方法でお使いいただけます。

工業用ロール
 
鉄、アルミに変わり炭素繊維を活用した工業用ロールは広幅化・高速化に貢献する部材として定着してきました。 新聞の輪転機や印刷会社のオフセット用輪転機ロール、フィルム製造用ロール、液晶、IT関連用ロールなどで活用されています。
  工業用ロール
機械部品
 
高弾性炭素繊維を使うことで、機械部品の軽量化が可能になり、生産性の向上や加工精度の向上が実現されています。ピッチ系炭素繊維は様々な機械部材への応用が進んでいます。
  機械部品
ロボットアーム
 
半導体製造装置は液晶パネルの大型化にともない、搬送用アームなど、軽量でかつ超高剛性が求められており、 鉄の剛性を超える超高弾性率をもつピッチ系炭素繊維の応用が進んでいます。
  ロボットアーム
土木・建築部材
 
炭素繊維は、橋梁などコンクリート構造物へ貼ることで耐久性を高めるなど建造物の補強技術を中心に建築土木分野への利用が広まっています。 また、コンクリートの緊張材、つり橋のケーブル、鉄骨代替材料としての利用も積極的に検討が進んでおり、未来の建築材料としての期待が高まっています。
  土木・建築部材
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらにて承ります。
  •  ☎ 079-256-7010
  • WEBからのお問い合わせ